HOME > 東北自然歩道(新・奥の細道)

東北自然歩道(新・奥の細道)

青森 市町村:外ヶ浜町

①観瀾山とイカダ下り体験のみち(全長6.5㎞・約3時間)
観瀾山公園から陸奥湾を一望することができ、下北半島・夏泊半島・八甲田連邦を見渡せます。少し歩くと舘ノ沢ため池があり、コイ・フナ・タニシ等を見ることができます。さらに進むと運動公園があり、その先には、外ヶ浜町指定文化財の鍛冶屋の一本松(樹齢五百年)を見ることができます。さらに進むとハイカラ山があり、山を越え国道沿いに進むと下北半島への玄関口や観瀾山公園・海水浴場に着きます。

②龍飛崎と青函トンネル体験のみち(1.6㎞・約40分)
龍飛崎突端には、白亜に光る龍飛埼灯台・展望台・階段国道などがあり、また、吉田松陰詩碑・川上三太郎・佐藤佐太郎歌碑があり、龍飛崎の象徴でもある龍飛埼灯台からの眺めはすばらしい。日本三大潮流は、寒流と暖流が激突する様を見せ、日本海・津軽海峡・遠く陸奥湾までも眺望することができます。野営場までのコースは、日本海に突き出た権現崎や美しい龍飛裏海岸・群生するアジサイ・黄菅の花そして四季折々の草花を観察することができます。さらに進むと青函トンネル記念館・体験坑道・青函トンネル記念館公園があり、公園には、遊歩道・展望台・渡海三角点・青函トンネル殉職者慰霊碑などがあります。

③湯の沢渓谷とさい沼めぐりの道(全長13.3km・約7時間)
四季折々の草花を楽しみながら、進んで行くと丸屋形岳・袴腰岳展望所があり、袴腰岳を眺めることができます。さらに進んで行くと神秘の沼と呼ばれる「さい沼」にたどり着きます。その周辺は野生動物保護区に指定されています。ブナの原生林が生い茂り、モリアオガエルやハコネサンショウウオなど貴重な動物の宝庫として自然愛好家から親しまれています。沼面は鏡のように四季彩りが映し出され、特に秋には周辺の樹木の紅葉が美しく、散策の人々の心を和ませてくれます。
TEL
0174-31-1228
お問い合わせ
外ヶ浜町役場産業観光課
ページトップへ