HOME > 南部裂織

南部裂織 なんぶさきおり

青森 市町村:八戸市

衣料が貴重だった江戸時代に、着古した着物や布を再生する機織り技法のひとつだった。厳しい生活を強いられた農村女性の知恵と言え、全国各地にありました。細く裂いた古布と木綿糸を横糸、縦糸として、自機(じばた)で織り上げます。不思議な色合いと優しさが懐かしさを呼びます。
■体験先:ユートリー 2階 伝統工芸実演場 毎日10:00~15:00
■開催時期:通年 ※要問合せ
■料金:1,000円(材料費込)(1名以上3日前要予約)
ページトップへ