HOME > アオーネ白神十二湖

アオーネ白神十二湖

青森 市町村:深浦町

アオーネ白神十二湖:世界自然遺産の白神山地や十二湖を観光、トレッキング(自然体験活動)していただく探勝基地で、キラキラと輝く日本海も見渡せるリゾート施設「アオーネ白神十二湖」。十二湖まで車で約10分。本格的なログハウスで地元産の素材を使った料理が味わえるレストランや、おみやげ品もたくさん揃っています。おすすめは子どもにも人気のかわいいビーズ細工体験で講師が丁寧に教えてくれるので気軽に楽しめます。また、温泉施設「アオーネの湯」は鍋石温泉を源泉とした塩化物泉で、あたたまりの湯として好評です。コテージ12棟(うち、車椅子利用可能5棟)、和風タイプ集合別荘、物産館、レストラン、遊具広場、バーベキューハウスなどの施設が整備され、世界自然遺産白神山地の麓の自然豊かな癒しのリゾートとなっています。(※通年)
○チェックイン:午後3~7時、チェックアウト:午前7~10時(※19時以降になる場合は連絡が必要です。)
②幻の魚イトウ料理:川のトロと呼ばれる幻のイトウを、ご飯、天ぷら、お刺身、マリネなどにアレンジ。
③アオーネの湯:源泉はウェスパ椿山と同じ鍋石温泉で、トレッキングや登山の後の疲れを癒します。アオーネの宿泊者は無料で入浴可能となっております。(※通年利用可)
○時間:午前7時~午後9時※女性パウダールームのアメニティが豊富。
④春もみじ早朝ウォーク:木々の芽吹き、やさしく咲く山ザクラのお花見をしながらの早朝ウォークです。(※アオーネスタッフがご案内いたします。)○開催時期:4月下旬~5月中旬○時間:6時30分~7時30分頃
【関連施設】
①十二湖リフレッシュ村:フィンランド産の北欧アカマツを材料に使った本格的なログハウスが14棟あり、中には調理器具や食器なども設置されています。またサウナ棟も完備。ブナ林の中でキャンプを満喫できるテントサイト、森のレストラン「アオゲラ」では軽食喫茶で寛げることもできます。
○利用期間:4月下旬~11月上旬
②森の物産館キョロロ:十二湖散策の拠点「奥十二湖」にある施設で、多様なお土産品や民芸品はもちろん飲食などもでき、トイレやコインロッカーも設置されております。
○利用期間:通年(※毎日可能だが予約が必要)
③十二湖庵:名水(沸壺池の清水)を利用して、美味しい抹茶の無料サービスが受けられる人気の茶室です。青池~ブナ自然林~沸壺の池を周る十二湖オススメコースのあとに頂く抹茶は絶品です。(※無料)
○利用期間:4~11月
【その他】
①春緑の十二湖春もみじ:白神山地は“春が遅い”というイメージがありますが、十二湖は白神山地の中で最も早く春が訪れます。4月1日より路線バス(十二湖線)が運行し、遊歩道の雪も4月中旬にはほぼ無くなり、カタクリをはじめとする花(山野草)が一斉に咲き出す時期です。ブナは4月下旬には芽吹き始め、5月には新緑真っ盛りとなります。白神山地は“奥深い山の中”というイメージがありますが、十二湖の最奥“奥十二湖”までは、海岸から直線距離で約4kmとそれほど奥地ではありません。また標高も200m~250mですのでアップダウンも少なく、子供からご高齢の方まで気軽に歩く事ができます。
○時期:4月中旬~5月中旬※本格的に歩きたい方には“33湖巡り”(約6h)などのコースをガイド同行で歩く事もできます(要予約、有料)。ガイドのほとんどが生まれも育ちも深浦町ですので、十二湖の自然についてだけではなく、地元の生活や習慣などについても話を聞く事ができます。
②トレッキングガイド:十二湖トレッキング・十二湖33湖めぐり・大崩登山・白神岳登山・スノートレッキング・ウミホタル&星空ウォッチングなど、各種コースに合わせて地元ガイドさんをご紹介しております。事前の予約が必要です。また介護などのサポートも行っていますので、お気軽にご相談を。
○利用期間:通年(※毎日可能だが予約が必要)
会場
アオーネ白神十二湖
住所
青森県西津軽郡深浦町大字松神字下浜松14
TEL
0173-77-3311 
お問い合わせ
アオーネ白神十二湖
料金
【宿泊施設】
1泊2食付8,640円~
※期間、利用状況等により料金が変わりますので要問合せ。
 ・幻の魚イトウ料理:幻のイトウ御膳4,200円、イトウのサラダ仕立て1,680円、イトウのお刺身1,575円
※1日10食限定、通年
 ・アオーネの湯:アオーネの宿泊者は無料で入浴可能となっております。(※通年利用可)
○時間:午前7時~午後9時○日帰り入浴料金:大人500円、小学生300円、幼児200円(※正午~午後5時。)※女性パウダールームのアメニティが豊富。
・春もみじ早朝ウォーク:
参加は無料です。前日までに申し込みください。
 
ページトップへ