HOME > 小牧野遺跡

小牧野遺跡

青森 市町村:青森市

本遺跡は縄文時代後期前半の環状列石を主体とする遺跡です。環状列石は埋葬・祭祀・儀礼に深く関わるもので、膨大な日数と労力をかけて作られており、縄文人の組織力を見せつけるモニュメントでもあります。小牧野遺跡は、縄文時代の葬送・祭祀などに関わる精神生活、土地の造成や石の運搬などの土木工事の実態を知る上でも極めて貴重であるとして、平成7年に国の史跡に指定されました。
○料金 無料
○期間 5月1日~11月15日

①青森市小牧野遺跡保護センター「縄文の学び舎・小牧野館」
平成24年3月に閉校となった旧野沢小学校を改修し、小牧野遺跡からの出土品の展示や保管、情報発信を行う施設です。各展示室では、縄文人の暮らしや精神世界などそれぞれにテーマを掲げた展示を行っています。体験コーナーもあるなど、子どもからお年寄りまで、遺跡や縄文を楽しんで学ぶことができます。
○開館時間:午前9時~午後5時
○休館日:12月30日~1月1日
○ガイド:縄文の学び舎・小牧野館に電話等で確認をお願いします。

②青森市小牧野遺跡観察施設「小牧野の森・どんぐりの家」
小牧野遺跡に隣接し、遺跡の保護に関する理解を深めてもらうための施設です。遺跡見学者が利用できるトイレや休憩ホールなどを備えており、スタッフによる遺跡のガイドも行います。
○開館時間:午前9時~午後5時(5月1日~9月30日)
      午前9時~午後4時(10月1日~11月15日)
○休館日:11月16日~翌年4月30日(冬季閉鎖)
○ガイド:縄文の学び舎・小牧野館に電話等で確認をお願いします。
TEL
017-757-8665
お問い合わせ
縄文の学び舎・小牧野館
ページトップへ